| レーザー脱毛はもう古い? >>

照射回数の比較

6000発

イーモ リジュは光源の発射可能回数が、最大18000発と非常に多く、ランニングコストが安い脱毛器です。
継続的に、長期間使い続けても追加費用は あまり気になりません。
従来のフラッシュ脱毛器の中でも、もっとも出費の原因となっていましたのが、消耗品の光源=ランプカートリッジです。
今までの脱毛器では、1000発に満たないフラッシュの照射回数で光源を交換しなければならない機種もあり、交換にかかる費用もバカにならない金額でした。


  • 従来の光源交換式脱毛器:1000発以下
  • 脱毛器イーモ リジュの光源寿命:18000発

光源の寿命に達したら、新しい物と交換しなければいけません。カートリッジは消耗品ということです。


光源の寿命が長いからこそ、イーモ リジュは安い!

コスト激安

とにかく安い費用で、継続的に脱毛処理を続けられることも、イーモの優れた特長です。
脱毛器を選ぶなら、今後、使い続けるのに必要な費用、ランニングコストがどれくらいかかるのか。も考えておきましょう。


イーモ リジュは1つのランプカートリッジの現在価格が8400円です。(価格は変わる可能性があります。)
光源1つで18000発のフラッシュを発射できるので、1発あたりの料金は、0.4円程度になります。このコストなら、消耗品代を気にすることなく、どんどん脱毛フラッシュを照射できますね。


▲ページの上に戻る
レーザー脱毛はもう古い? >>



ファックスでの御注文